研究指導体制

研究指導体制(アドバイザリーコミティ制)とは

本専攻では、複数教員によるアドバイザリーコミティ制を活用して、論文指導を含めた研究指導を行います。
アドバイザリーコミティは1名の指導教員(研究指導教員に限る)と2名の副指導教員の計3名から構成されます。
なお、アドバイザリーコミティには一般理論領域を担当する教員と個別理論領域を担当する教員が必ず含まれているように構成されます。

さらに、アドバイザリーコミティの中の1名の教員が世話教員となります。
世話教員は日常的に学生の相談に乗り、博士号取得に向けた研究活動が円滑に進むようアドバイザリーコミティの他の教員との連絡調整等を行います。

また、アドバイザリーコミティは研究指導を行うだけに留まらず、学生を学内の教員が主催する研究室セミナーに参加させたり、各種競技団体や外部研究機関が主催するセミナー等への積極的な参加を奨励したりすることで、コーチングに関わる実務能力の向上を支援します。
なお、出願にあたって志願者は志望教育研究分野の教員と事前に連絡をとり、研究計画について十分協議を行って下さい。